スポンサードリンク

耳ダニ

耳ダニは犬の耳の内に寄生するダニです。正しくは「ミミヒゼンダニ」と言い、非常に強い感染力を持っています。耳ダニは耳道内の皮膚の表面に寄生し、分泌液や耳垢を食べて繁殖します。

複数の犬を飼育している場合、1頭に耳ダニが見つかれば、他のすべての犬も耳ダニに感染している可能性が高い。特に仔犬はこのダニに感染しやすい。

耳ダニに寄生されると、黒褐色の耳垢がたまりかゆがります。そして、犬は頭を傾けたり、振ったり、耳を掻くことが多くなります。この耳ダニ感染は若い犬に多いので、そういう時期に感染による不快症状を経験すると、その後の成長過程において精神衛生上悪い影響を及ぼすことがあり、問題となっています。

したがって、なるべく早くこの病気を見つけて治療する必要があります。仔犬を飼う際には、耳の内が黒くなっていないか、よく耳を振ることがないかを調べると良いでしょう。

治療はまず、ダニを殺す薬で治療します。最近では、イバーメクチンという効果のある薬が使用できますので、治療も以前と比べて大分楽になりました。

外部寄生虫検査 【耳ダニ検査】

検査キットを郵送するだけで簡単に耳ダニの検査ができます。 耳ダニ検査キット
タグ: 病気 ペット

スポンサードリンク

犬の外耳炎

耳の入り口から鼓膜までを外耳と呼び、そこが炎症を起こすことを外耳炎と言います。犬が外耳炎になる理由は蒸れてしまうことがほとんどで、たれ耳の犬が圧倒的にかかりやすい病気といえます。

寄生虫・真菌・細菌などの感染性、アレルギー性などの皮膚炎があり、炎症を起こすと、赤く腫れ・痒くなる・耳垢も溜まり・異臭を漂つ。

犬は、かゆみ、不快感がひどくなり、後ろ足で掻くような仕草をします。場合によっては、後ろ足のつま先が耳の中に直接入りこんで、皮膚を傷つけてしまい皮膚炎がひどくなることもあります。慢性化すれば、皮膚が厚くなってしまい外耳道が狭くなり腫瘍の要因になりかねません。

炎症が酷くなると、内耳にまで達し内耳炎になってしまいます。内服や注射などで炎症を押さえて掻かないようにし、耳の中を良く洗って悪い細菌を減らし、耳の皮膚にも直接薬を付けてあげる必要があります。少し良くなったといって治療を止めてしまうと、またすぐに悪くなってしまう根気のいる病気です。

外耳炎にしてしまったときは、すぐに動物病院で治療を始め、必ず獣医師が終了を伝えるまでは、治療を続けましょう。

犬の外耳炎予防

犬の耳を外耳炎にならないよう、耳の中は常に清潔で風通しが良いように注意し、お風呂や雨のあとは耳の中を良く拭いて湿気で蒸れないようにしてあげましょう。

治療薬販売

外耳炎の治療薬はここから購入できます。 外耳炎の治療薬

スポンサードリンク

犬の耳血腫

外傷がもとで耳が腫れあがる。耳のケガなどが原因で、耳介に血液や漿液(しょうえき)がたまって腫れあがることがあります。

症状

犬の耳介に血液や漿液がたまって膨れ上がります。やや熱をもち、軽い痛みがあるらしく、触られるのを嫌がります。片耳だけに現れる事が多いのですが、両耳に同時に症状が現れる事もあります。

原因

耳の打撲や、他の動物に噛まれたキズなどが元になり、耳介に血液や漿液がたまることがあります。免疫の異常によって血管からもれた液がたまる例もあります。

治療方法

患部に注射針を刺して血液や漿液を吸い取るか、患部を切開して液を取ります。その後、患部を圧迫するように包帯を巻き、再び液がたまるのを防ぎます。

さらに、止血剤や細菌などの感染を防ぐための抗生物質、炎症を抑えるための副腎皮質ホルモン薬などを患部へ注入します。

タグ:ペット 病気

スポンサードリンク

犬の中耳炎

外耳道の炎症が中耳に広がって起こります。

症状

多くの場合は外耳炎の症状も同時に見られるため、中耳炎だけの症状を確認するのは難しいのですが、難聴になります。鼓膜に穴があいている事もあります。

原因

外耳の炎症が中耳に広がるために起こります。

治療方法

外耳炎に対する治療を行うと、外耳道から治療薬が浸透して中耳にも効果が現れます。ただし、鼓膜が破損している場合には、薬液による外耳道の洗浄を行ってはいけません。

タグ: ペット 病気

スポンサードリンク

犬の内耳炎

耳のもっとも奥にある内耳の神経が炎症を起こします。重症では歩けなくなります。

症状

耳の最深部にある内耳には、蝸牛神経と前庭神経があります。前者は聴覚の働きを持ち、後者は体の平衡を保つ働きをもっています。そのため、蝸牛神経が炎症を起こすと犬は難聴になります。

犬が難聴になると、飼い主が声をかけたり近いところで大きな音がしたときでも、犬は鈍い反応しか示しません。ただし、犬は徐々に耳が聞こえなくなっていくので、、飼い主が気づかずにいる事もあります。

前庭神経が炎症を起こすと、体のバランスを保つ事ができなくなり、病気の耳の方向に円を描いて歩くようになります

この時犬は頭を病気の方向に傾けています。また、眼球が左右に細かく揺れ動きます(振盪)。重症になると犬は歩けなくなり、横になってゴロゴロと転がります。これは前庭炎の典型的な症状です。このような前庭障害は突然現れて飼い主を驚かせます。/p>

前庭と蝸牛の両神経の障害が同時に現れるのは稀です。

原因

慢性の外耳炎の時や外耳炎の治療後に現れます。耳の打撲が原因で発症する事もあります。しかし、原因がわからない例も少なくありません。外気圧や天候が関与しているという見方もあります。高齢の犬は内耳炎になりやすいようです。稀に腫瘍によって起こることもありますが、多くの場合原因がよくわかりません。

治療方法

難聴の治療には効果的なものはありません。前庭障害は、早期に副腎皮質ホルモン薬やビタミンB1を与えればよくなります。しかし、耳の腫瘍などの疾患が原因である場合には、それらの疾患への対応が必要になります。

スポンサードリンク

犬 耳血腫

症状

犬の耳介に血液やしょう液がたまって膨れ上がります。やや熱を持ち、軽い痛みがあるらしく、犬は耳を触られるのを嫌がります。方耳だけ現れる事が多いのですが、両耳が同時に症状が現れる事もあります。

原因

耳の打撲や、他の犬などに噛まれたキズなどが元になり、、耳介に血液やしょう液がたまる事があります。免疫の異常によって血管からもれた液がたまる例もあります。

治療

耳の患部に注射針を刺して吸い取るか、患部を切開して液を取り除きます。その後、患部を圧迫するように包帯を巻き、再び液がたまるのを防ぎます。さらに、止血剤や細菌などの感染を防ぐための抗生物質、炎症を抑えるための副腎皮質ホルモン薬(ステロイド剤)などを患部へ注入します。
当サイトは、犬の病気・ペットの病気・目の病気・耳の病気・犬のがん(癌)・イヌの鼻の病気・愛犬のサプリメント・愛犬の治療薬・予防薬などを紹介しています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。