スポンサードリンク

フィラリア症

フェラリア症は犬の心臓病のなかで古くから恐れられている病気です。

<症状>

初期症状は、物が詰まったような咳をして、呼吸が荒くなって運動を嫌がったり、あるいは血尿をして食欲がなくなったりします。

重症ではお腹や胸の中に水がたまってきたり、血を吐いて死亡することもある。

しかし、現在では予防法が確立され、それが広く行われるようになってきたので、犬糸状虫症は減少する方向に向かっている。それでも大都市周辺や地方ではこの病気はなくなっていない。

最近では月に1回の錠剤で予防できるようになりました。
生後1年以上であれば、検査を受けてから飲ませるのが原則です。


<原因>

心臓(特に右心室や肺動脈)又は心臓の近くの大静脈の中に約20センチの細い線虫が多い例では100匹以上も寄生し、これが血液の流れを阻害し、心臓の働きを著しく弱める。

フィラリアが厄介なのは、心臓に寄生するため駆虫しても虫の出口がなく、死んだ虫の皮膚だけは肺の血管詰まってしまうことです。


<治療の方法>

殺虫剤を投与。

成虫が心臓にいる場合の治療は、心臓や肺の侵されかたで治療も異なりますが、様々な薬物療法を行います。

時には血管から長い鉗子を入れて成虫を引きずり出すことや手術を行うこともあります。

フィラリア予防薬激安通販
カルドメックチュアブル(英語名ハートガードプラス)が格安

スポンサードリンク

フィラリア症 予防薬の必要性

ネットで「フェラリア 予防薬」と検索すると、上位に出てくるサイトの多くに「予防薬は不要である、動物病院の金儲けだ」といった記事が多く出てくる。

それも、書いてあることはめちゃくちゃなものばかりだ。本当に予防薬が不要なのかよく考えてほしい。

間違え

予防薬は1ヶ月も効いているのだから肝臓に負担が強い
フィラリア症の予防薬というのは、幼虫の駆除剤です。効き目は1日に過ぎません。フィラリアの幼虫というのは、蚊に刺されてから、血管に入り込むまで1.5ヶ月程度期間があります。ですので、1ヶ月に1度予防薬で駆除します。個体差はありますがそれほど副作用は強くありません。
治療薬があるから必要ない
フィラリア症の治療薬「イミトサイド」などあるから大丈夫なんて、たかをくくっているブログがいくつもありました。まず、犬が咳や食欲などをなくして、飼い主が気づくまでに、既に相当体に負担がかかっています。それから病院に行って、薬で駆除したとしても、フィラリアの死骸は血管にそのまま残ります。これが、血管をつまらせて死んでしまうことはよくあることです。下記に動画を貼っておきますが、フィラリアの長さや量は、想像以上にたくさん居ます。あんなものが体の中に残すことは非常に危険になります。ですので、薬で殺して、手術で取り除こうと思っても、もう既に弱っており体力のない犬や老犬は手術に耐えられない可能性が大。病気になったら薬を飲ませて駆除すれば平気なんてあまりにも無知としか言い用がありません。
動物病院の金儲けのためにやっている
商業なんですから、そりゃそうだ(笑)ですが、商売というのはWIN=WINの関係でなければなりません。あなたが、悪徳だと思うならしょうがありませんね。

フィラリア症の手術動画

犬が不調を訴え飼い主が発見した時にはこんな状態の事はよくあります。

これをご覧になっても、病気になってから駆除すれば良いと思うしょうか?

未だフィラリア症にかかる犬は多くいるんです。私は、予防をすることが犬にとって一番いいと思っています。

信頼されているフィラリア症の予防薬

米国から個人輸入している医薬品です。動物病院と同じものですので効き目は変わらないし、価格も安い。但し表記などは全て英語になります。

フィラリア予防薬激安通販
カルドメックチュアブル(英語名ハートガードプラス)が格安

スポンサードリンク

心臓病のお薬 慢性心不全、拡張型心筋症、血圧など

ENALAPRIL-MALEATE-TABLETS-5mg.jpg

犬も人間もそうですが心臓の病気になると、長いこと薬による治療をする必要があります。その分お金も必要になります。

例えば、拡張性心筋症を患った場合、動物病院に通い、薬代だけで1ヶ月6万円以上の出費になります。年間にすると70万円以上の出費、それ以外にも診察料や検査料もかかります。当たり前ですが、保険の効かない動物の場合人間よりも薬代も治療費もとても高いのです。

そこで、ジェネリック薬品や個人輸入で動物病院で処方される同じお薬を安く買うことで医療費を抑えることができます。もちろんお薬の効き目は変わりません。

ジェネリックや個人輸入で薬を買うことで治療費が1/2〜1/3位に抑えることができます。

高額な治療費を少しでも抑えたい方には必見!お役に立てれば幸いです。

取り扱い薬 一覧

  • エナカルド錠ジェネリックエナラプリル
  • セーフハートチュアブル
  • フォルテコール
  • ヴェドメディン
心臓・血圧のお薬はこちらから
当サイトは、犬の病気・ペットの病気・目の病気・耳の病気・犬のがん(癌)・イヌの鼻の病気・愛犬のサプリメント・愛犬の治療薬・予防薬などを紹介しています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。