スポンサードリンク

ウイルスや寄生虫の感染と下痢

愛犬がぐったりして下痢がひどく、食欲がない。下痢がとまらず食べても痩せ、おとろえる。また、下痢に吐き気、嘔吐が加わる。こんなときは、腸内にたくさんの寄生虫や原虫、ウイルス、悪玉細菌あるいは悪性腫瘍、つまり癌が増殖していたり、肝臓、胃腸や腎臓、膵臓などの病気にかかっている可能性があります。「下痢だから、大したことはないだろう」と軽く考えず、動物病院で診察を受け、適切な治療を受けたほうが良いです。
腸をすみかとする寄生虫には、ミミズを小さくしたような回虫、細長いくびれのある条虫、キバをもつ鉤虫(こうちゅう)などがいる。散歩のとき、愛犬が寄生虫のタマゴのまじった犬やネコのウンチにふれ、体をなめたときに口の中に入ったり、あるいは瓜実(うりざね)条虫のように、ノミを媒介に犬やネコに感染したりする。体力、免疫力の弱い仔犬や病弱な犬だと、腸内に住みついた寄生虫はどんどん増えて、腸に入った栄養分を横取りし、栄養失調になりかねない。キバをもつ鉤虫なら、口からだけでなく、皮膚に穴をあけて体内に入り、腸にたどりつくと腸壁にかぶりついて血を吸う。文字どおりの「寄生虫」なのである。治療法は、動物病院でウンチにふくまれるタマゴがどの寄生虫のものかを検査してもらい、それに合わせた駆虫薬(虫下し)を飲ませればいい。
 ワクチン未接種の仔犬に感染して、命をうばうウイルスには、ジステンパーやパルボなどがあります。これらのウイルスはパワーが強く、腸に入れば、腸の粘膜を破壊してひどい腸炎をひきおこす。そうなれば、栄養を吸収できず、出血がとまらず、急激に体力を消耗します。また病原ウイルスが腸壁から侵入して、あちこちに障害をもたらし、あっと言う間に死にいたる。仔犬の免疫力が強ければ、一命をとりとめることもあるが、それ以外に有効な治療法はない。ワクチン未接種なら、できるだけ早めにワクチンを受け、感染の恐れのある戸外に連れ出さず、また健康管理に十分注意して、体力、自己免疫力を維持することが大切です。

スポンサードリンク

下痢にひそむ「悪病」

愛犬の慢性的な下痢は、悪性腫瘍(癌)などの病気がひそんでいることも少なくない。がんが腸を侵すと、吸収、消化という働きができず、飲み物屋食べ物は、そのまま下痢便になります。しかし小腸や大腸に取りつく、腺がんやリンパ腫などのがんは、レントゲン検査や血液検査で診断することは難しい。お腹にしこりを感じ、超音波検査や開腹手術などのくわしい検査をして、はじめて癌かどうか診断できるのです。癌を検出しても、もはや手遅れで、効果的な治療法のないケースがほとんどです。抗癌剤などで癌の増殖をおさえ、残された命を安らかにすごさせる努力を続けるほかありません。
 そのほか、体の免疫をつかさどる白血球のひとつである好酸球やリンパ球などが腸の細胞のなかで過剰に働きすぎて炎症をおこす病気、あるいは、栄養分を小腸から心臓に運ぶリンパ管が異常をおこし、必要な栄養分を取りこぼす病気などで、下痢と栄養失調に苦しむこともある。
 とにかく、下痢が続くと、何よりも脱水症状がひどくなり、仔犬や病弱な犬にはすぐに水分とミネラルを補給してあげないと、一命にかかわる事態になりかねない。人よりずっと小柄で、体力のとぼしい犬やネコにとって、「下痢」は意外に恐ろしい病気なのです。

スポンサードリンク

犬猫用毛玉症の予防・改善のお薬「ラクサペット」を格安で

海外で人気の「ラクサペット」が日本で買えます。

軽い便秘や毛玉症の予防・改善に効果的なお薬。

このお薬はジェル状になっていて、口か鼻から投与します。

鼻から投薬!?ってなんだ〜と思いググってみたら、鼻についたのはなめとる習性があるので、バターなどと混ぜて使うといいらしい。まあ、普通は口からやると思います。

使用方法

猫:毛玉を体外に出したい→5グラムを2〜3日間。その後は2.5グラムを1週間に2〜3回
猫:下剤として使う→2.5グラムを1週間に2〜3回 
小型犬:下剤として使う→15グラムを1週間に2〜3回 
大型犬:下剤として使う→30グラムを1週間に2〜3回

毛玉は自然に体外に排泄されてるものですが、この毛玉が出なくなり、やがて大きな 固まりとなって、胃や腸の中に溜まってしまいます。こうなると、腸の中の毛が便と便を繋げてしまい 便秘になります。

犬猫が便秘の時にラクサペット(下剤)が役に立ちます。


ラクサペットの詳細はこちら

当サイトは、犬の病気・ペットの病気・目の病気・耳の病気・犬のがん(癌)・イヌの鼻の病気・愛犬のサプリメント・愛犬の治療薬・予防薬などを紹介しています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。