スポンサードリンク

アレルギー性皮膚炎

 現代人の持病として定着したのが「アトピー性皮膚炎」だが、犬でも同様でダニやスギ花粉など、アレルゲンとなる物質はたくさんある。
 最初は、犬によっては、春のスギ花粉、初夏から夏のダニなど、季節病の傾向があるが、アレルギー体質の犬は慢性化してアレルギー症状を起こす場合がある。「アレルギー性皮膚炎」は、脇の下、内股、耳や顔、足先などが赤くなってかゆくなるが、困ったことに根治させる治療法がありません。副腎皮質ホルモンを使えば、症状はきれいにおさまるが、いつも使えば副作用がこわい。食餌療法で必須脂肪酸を食べさせれば、かゆみが減ることがある。またシャンプーで体に付いたアレルゲンを洗い流す方法もある(シャンプーで皮膚が荒れれば逆効果になる可能性もある)。また皮膚がカサカサの乾燥タイプだとかゆみがますので、スキンケアクリームを塗って皮膚を守ってあげるのもいい。さらに花粉が原因ならば、花粉の多い季節はなるべく戸外に出さないこと、ダニならダニの駆除。ホコリが原因なら室内の掃除を徹底します。犬小屋なら、定期的に熱湯で洗い、天日に干してあげることが大切です。
 なお、近年人間社会でアトピー性皮膚炎が増えているのは、回虫などの寄生虫が極端に減ったからではないか、という説があります。詳しい話は省くが、「衛生」「清潔」「健康」が行き過ぎると、力の弱い慢性疾患が増えるといえるかもしれない。

スポンサードリンク

食餌性皮膚炎

 「食餌性皮膚炎」は原因物質究明が大変です。ペットフードの成分表をみてもわかるように、たとえペットフードだけを与えていても、食品のなかの「何」が原因かを見つけるのが大変だ。まず、いままで食べたことのない食餌に切り替える。そうして皮膚炎がおさまるのを待ちます。
 それから慎重に、疑わしい食品を一品ずつ加えていく。豚肉はどうか。次に牛肉、そしてタマゴ、…。そのように何週間、何カ月もかけて、犬も飼い主も獣医師もひたすら忍耐と根気で原因を究明するしかありません。
 それだけの覚悟のない人は、食品添加物や肉類などの少ない「低アレルギー性」食に切り替えたほうがよいです。
アレルギー性皮膚炎になれば、奇跡的に体質改善ができないかぎり、完全に治る可能性はほとんどありません。飼い主のできることは、アレルゲンとなる原因物質から愛犬をいかに遠ざけ、体の抵抗力をつけ、かゆみをおさえて苦痛をやわらげるかです。

スポンサードリンク

接触皮膚炎

接触皮膚炎」は、何か体にふれた物が原因で起こる。人間なら、洗剤や化粧品、腕時計やアクセサリーなども原因になります。
 犬の場合は、シャンプー、犬小屋や食器の素材(プラスチックなど)室内の床材の磨き剤などが原因となりやすい。食器なら、口のまわりがかぶれだします。床材が原因なら、毛の薄いお腹の当たりです。プラスチックの食器でもかぶれにくい製品が多くなりましたが、陶製かステンレス製の食器に替えたほうが無難です。シャンプーの場合なら、シャンプー液を水に薄めて使い、シャンプー後は十分にぬるま湯をかけて液を洗い流す。またシャンプー洗いの回数を減らして、ふだんは濡れタオルでふいてあげる習慣にすればいい。床の磨き剤なら、愛犬のくつろぎ場所に敷物を敷いてあげること。
 とにかく、接触皮膚炎だから、犬の体と原因物質をいかに離すか、を心がけます。

スポンサードリンク

犬 ノミ(蚤)による皮膚炎

ノミ(蚤)が犬の血を吸う時、その唾液が原因となってアレルギー性の皮膚炎を起こすもので、これをノミ(蚤)アレルギー性皮膚炎(ノミ刺咬性皮膚炎)といいます。

症状

犬の体表の、特に耳のうしろや背中から腰にかけて、あるいは尾から肛門や陰部のまわりの皮膚に、脱毛やプツプツとした赤い発疹が見られます。

かゆみを伴うため、犬は患部を引っかいたり舐めたりして傷を作ります。大量のノミ(蚤)に寄生されると激しいかゆみで睡眠不足になり、それがもとで貧血になる事もあります。

このような症状の犬の体表に、体調2ミリほどの素早く動き回る黒褐色の虫がいれば、これがノミ(蚤)です。黒い粉のようなノミの糞は、濡らした紙にのせると血液が乾いた後のような褐色のしみになります。床に置くとコロコロとよく転がる0.5ミリほどの白いノミの卵も見つかります。

犬小屋の敷物などに2〜3ミリほどのノミ(蚤)の幼虫が動いている事もあります。

原因

ノミの唾液にはハプテン(部分抗原)と呼ばれる物質が含まれており、これが犬から吸収されてアレルギー反応を引き起こし皮膚炎(発疹)となります。

犬に寄生するノミには犬ノミと猫ノミがいますが、今の日本で犬に寄生するほとんどが猫ノミです。猫ノミは犬ノミと同様,瓜実条虫(サナダムシ)の中間宿主になるため、ノミが寄生すると犬条虫に感染する恐れがまします。

ノミアレルギー皮膚炎に似た皮膚病もあるので、ノミがいなくなても皮膚症状が治まらない時は、獣医師の診察を受けることを勧めます。ノミが大量に寄生しているにもかかわらず皮膚にまったく変化がなく、かゆがらない犬もいるて、ノミの寄生に対する反応は固体によって異なります。

治療方法

まず、犬の体やその生活環境からのみを駆除します。ノミは屋内の畳の間や絨毯などでも繁殖し、他の犬や猫を飼っているとそれらにも寄生しますので、広い範囲で駆除を行います。駆除薬には、内服薬、ノミ取り首輪、皮膚につける滴下剤、浴薬など様々なものがあり、これらを組み合わせて使います。

ノミによる被害を受けた皮膚には、かゆみを抑える外用薬を塗ります。また、アレルギー反応を抑える薬やかゆみ止めの薬、皮膚の保護を目的としたビタミン剤などを服用します。

治療薬

ノミの治療薬 ノミ(蚤)薬はこちらから購入できます。

スポンサードリンク

犬のマダニ・ノミの予防・駆除の方法

マダニ、ノミの正しい駆除、予防方法

madani.jpg

犬にマダニやノミが寄生したらどうする

犬にマダニなどがついたのを発見すると、不衛生で気持ち悪いので、すぐに取り除きたくなりますが、焦ってはいけません。マダニは皮膚を刺すとセメントのような物質を出して簡単に抜けないように固めます。ですので、潰したり、無理に引っこ抜いたりすると、体の一部が引きちぎれて皮膚内に残り炎症や病気の原因になります。

マダニやノミは病原菌を持っていることがあり早めに取り除かなければならない。咬着後24時間以内に除去すると感染率が低いと言われている。

マダニやノミが寄生していることのを発見したら、動物病院にいくのが一番安全です。

しかし、時間帯が遅かったり、近くに動物病院がない場合は、動物病院で処方している同じ薬を入手することが可能です。首に薬をスポットで着けるだけで,ノミは24時間、マダニは48時間で駆除できます。薬はフロントラインプラスという国からも認可されているので安心です。

マダニの取り方

動物病院で診療されるのが一番ですが、個人でやる時は自己責任でお願いします。

マダニは刺すとセメントのようなもので固めてしまうため抜く時は慎重にやらないといけません。

ピンセットや毛抜きなどで、マダニの刺さっている口先をつまんでまっすぐ引きぬきます。刺してから時間が立っていないほうが抜きやすいようです。マダニ用のピンセットも販売されています。

都市伝説的な取り方

色々なブログで成功したやり方ですが、うまくいくかはわかりません。。。

アルコールを使う
焼酎、ウィスキー、エタノールなどのアルコールを脱脂綿や綿棒などに吸い込ませて、マダニにくっつける。その際、やりすぎると刺したまま死んでしまうので気をつける。数分から30分くらいで、アルコールを嫌って移動するので、それを捕獲する。
線香やタバコ
線香の煙やタバコを近づけると、犬から離れるらしい。その際も近づけすぎて熱で殺さないように気をつける。人によってはストローに線香の煙を入れてマダニに被せると、嫌がって移動するときにストローで捕獲できるので便利だという情報も。

個人的には自分でやるならピンセットが一番だと思います。

マダニ・ノミ予防

よく春先から夏に多いから気をつけるということを見かけますが、それは間違えです(きっぱり)

マダニなどは1年中つくので必ず予防しなければいけません。

予防方法としてポピュラーで簡単でありながら強力なのはやはり、フロントラインプラスです。毎月一回だけ首に薬を塗るだけでOK。匂いをもの凄く嫌う犬は居ますが、ほとんど副作用なども発生しないので安心です。農林水産省の認可を受けており、動物病院で処方されるのと一緒です。

フロントラインがいつでも60%オフ!
海外版フロントラインプラスが買えば買うほどお得に!多頭飼いの飼い主さんに嬉しい低価格

あとは、こまめな部屋の掃除と、時々バルサンです。

当サイトは、犬の病気・ペットの病気・目の病気・耳の病気・犬のがん(癌)・イヌの鼻の病気・愛犬のサプリメント・愛犬の治療薬・予防薬などを紹介しています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。