スポンサードリンク

犬 チェリーアイ

症状

第三眼瞼腺が赤く膨張して目頭から外に飛び出します。それがチェリーのように見えるため、一般に「チェリーアイ」と呼ばれています。大きく膨れた第三眼瞼腺が目を直接刺激したり、目頭の不快感で犬が目をこすったりするため、結膜炎角膜炎を併発する事があります。

原因

第三眼瞼は目頭の裏側にあって、健康な犬では外から見えません。その第三頑健の裏側に第三眼瞼腺が統合組織によって繋ぎ止められています。この統合組織が先天的に欠けていたり、統合が不十分だったりすると、第三眼瞼腺が第三眼瞼の外に飛び出して炎症を起こし大きく膨れます。

こうなると、それを無理に押し戻そうとしてもすぐにまた飛び出してしまいます。ビーグル、コッカー・スパニエル、ペキニーズなどの犬種では、先天的な原因によって若いうちから発症する事が多いようです。

治療方法

普通の炎症とはちがって、犬のチェリーアイは、点眼薬などによる内科療法が効果を上げないことがほとんどです。症状によっては、犬に麻酔をかけて突出した第三眼瞼腺を切除したり、第三眼瞼の奥に埋没しなおす手術をしなければならない事もあります。手術後は、二次感染を起こさないように内科療法を併用して治療を行います。ほとんどの場合は綺麗に治ります。

当サイトは、犬の病気・ペットの病気・目の病気・耳の病気・犬のがん(癌)・イヌの鼻の病気・愛犬のサプリメント・愛犬の治療薬・予防薬などを紹介しています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。