スポンサードリンク

犬 ノミ(蚤)による皮膚炎

ノミ(蚤)が犬の血を吸う時、その唾液が原因となってアレルギー性の皮膚炎を起こすもので、これをノミ(蚤)アレルギー性皮膚炎(ノミ刺咬性皮膚炎)といいます。

症状

犬の体表の、特に耳のうしろや背中から腰にかけて、あるいは尾から肛門や陰部のまわりの皮膚に、脱毛やプツプツとした赤い発疹が見られます。

かゆみを伴うため、犬は患部を引っかいたり舐めたりして傷を作ります。大量のノミ(蚤)に寄生されると激しいかゆみで睡眠不足になり、それがもとで貧血になる事もあります。

このような症状の犬の体表に、体調2ミリほどの素早く動き回る黒褐色の虫がいれば、これがノミ(蚤)です。黒い粉のようなノミの糞は、濡らした紙にのせると血液が乾いた後のような褐色のしみになります。床に置くとコロコロとよく転がる0.5ミリほどの白いノミの卵も見つかります。

犬小屋の敷物などに2〜3ミリほどのノミ(蚤)の幼虫が動いている事もあります。

原因

ノミの唾液にはハプテン(部分抗原)と呼ばれる物質が含まれており、これが犬から吸収されてアレルギー反応を引き起こし皮膚炎(発疹)となります。

犬に寄生するノミには犬ノミと猫ノミがいますが、今の日本で犬に寄生するほとんどが猫ノミです。猫ノミは犬ノミと同様,瓜実条虫(サナダムシ)の中間宿主になるため、ノミが寄生すると犬条虫に感染する恐れがまします。

ノミアレルギー皮膚炎に似た皮膚病もあるので、ノミがいなくなても皮膚症状が治まらない時は、獣医師の診察を受けることを勧めます。ノミが大量に寄生しているにもかかわらず皮膚にまったく変化がなく、かゆがらない犬もいるて、ノミの寄生に対する反応は固体によって異なります。

治療方法

まず、犬の体やその生活環境からのみを駆除します。ノミは屋内の畳の間や絨毯などでも繁殖し、他の犬や猫を飼っているとそれらにも寄生しますので、広い範囲で駆除を行います。駆除薬には、内服薬、ノミ取り首輪、皮膚につける滴下剤、浴薬など様々なものがあり、これらを組み合わせて使います。

ノミによる被害を受けた皮膚には、かゆみを抑える外用薬を塗ります。また、アレルギー反応を抑える薬やかゆみ止めの薬、皮膚の保護を目的としたビタミン剤などを服用します。

治療薬

ノミの治療薬 ノミ(蚤)薬はこちらから購入できます。

当サイトは、犬の病気・ペットの病気・目の病気・耳の病気・犬のがん(癌)・イヌの鼻の病気・愛犬のサプリメント・愛犬の治療薬・予防薬などを紹介しています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。