スポンサードリンク

犬 椎間板ヘルニア

症状

麻痺や痛みを特徴とします。麻痺は前足だけ、後ろ足だけ、あるいは体の片側だけの場合など様々です。

椎間板ヘルニアは多くの場合、首や付け根や腰など、日常よく動かす部分に現れます。脊髄の中の神経は体の各部の運動をコントロールしていますが、どこに位置するかによってコントロール する部分も違います。そのため、椎間板ヘルニアの起こった部位によって、犬の示す症状はそれぞれ異なります。

原因

椎間板は、髄核(ずいかく)とよばれる柔らかな骨の内容物のまわりを線維輪(せんいりん)と呼ばれる丈夫で弾力のある骨がとりまく構造になっています。

椎間板はこの構造によって脊髄にかかるショックを吸収し、また脊髄の動きをなめらかにしています。しかし、過激な運動をしたり、脊髄に強い外力が加わったり、老化現象などによって骨が弱くなると、髄核が線維輪をつきやぶって飛び出し、脊髄の背側にある脊髄を圧迫する事があります。

椎間板ヘルニアの病気はダックスフンドなど胴長、短足の犬種やシーズー、パグ、大型犬によくみられます。

治療方法

神経機能を調べて、どこが、ヘルニアを起こしているかおおよそ見当をつけ、X線検査によって確定診断をします。

軽度の椎間板ヘルニアの時は、副腎皮質ホルモン薬や抗炎症薬などを与えると症状が和らぎます。

重度のときは、手術をして問題の部分の骨を取り除く必要があります。その場合、たとえ手術が成功しても運動できるようになるまではかなりの時間がかかります。

タグ: 病気
当サイトは、犬の病気・ペットの病気・目の病気・耳の病気・犬のがん(癌)・イヌの鼻の病気・愛犬のサプリメント・愛犬の治療薬・予防薬などを紹介しています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。