スポンサードリンク

骨のがん(癌)

犬がなる骨のがん(癌)、おもに骨肉腫は大型犬の前足によくみられます。がん(癌)にかかる平均年齢は7歳といわれていますが、2歳前後の犬にも発生することもあります。

症状

足を引きずるなどの歩行の異常と足の腫れが見られます。大型犬で、外傷が無くねんざしたとも思えないのに足を引きずっている場合には、すぐに獣医師の診察を受けてください。

主な腫瘍として骨腫、悪性腫瘍として骨肉腫および軟骨肉腫があります。

骨の主な腫瘍

骨腫(良性)
犬の骨腫は緻密な骨のかたまりとして見られ、徐々に大きくなります。発生した部位によっては歩きづらそうにする、足を引きずるなど歩行異常を起こしますので、手術をしなければなりません。若い犬にできると急速に増大する事もあります。
骨肉腫(悪性)
臓器などに転移しやすいがん(癌)で、多くの場合、病気の初期の段階で肺に転移します。早期に発見して、早期に手術する事ができ、さらに手術後に化学療法を行えば、治る確率が飛躍的に上がります。
軟骨肉腫(悪性)
軟骨成分から発生するがん(癌)で、飼い主の多くは、足の関節の周囲に見られる腫れと歩行の異常で気がつきます。早期に足を切断すれば、骨肉腫よりも完治する事が多いようです。

治療方法

骨の一部だけにがん(癌)ができている早期の段階いには、足の切断手術と手術後の抗がん剤などによる化学療法を行えば完治する可能性があります。

早期に発見して骨の移植をすれば、足を切断しなくてすむ場合もあります。しかし、命を救うためには多くの場合、残念ながら足を切断しなければなりません。

がん(癌)が進行した場合、足の切断手術のみで1年後に生存している確率は10%程度です。しかし、手術後に抗がん剤による治療を3〜6回行えば、生存率は50%まであがります。

骨のがん(癌)は、病変部をそのままにしておくとどんどん大きくなり、肺などに転移して犬を死に至らせることになります。しかも、犬が死ぬ前の数ヶ月の間、局部に激しい痛みを引き起こします。

多くの飼い主は、診断がおりたときに足の切断を拒否しますが、本当に犬を大切に思うなら、外見上のことや手術がかわいそうだからといった感情は抑えて、冷静に愛犬のための判断を下しましょう。足を切れば治る可能性もあり、激痛からも開放してあげる事が出来るのですから。

骨のがん(癌)早期発見法

歩き方に異常が見られたり、足首や骨の関節の周囲に生じた腫れが3〜4日以上にわたって治らなければ、骨のがん(癌)である可能性があります。このような場合はすぐに獣医師の診断を受けてください。2〜3週間の遅れが命を左右します。

タグ: がん 病気
当サイトは、犬の病気・ペットの病気・目の病気・耳の病気・犬のがん(癌)・イヌの鼻の病気・愛犬のサプリメント・愛犬の治療薬・予防薬などを紹介しています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。