スポンサードリンク

犬 網膜剥離

網膜の一部もしくは全部が眼底から剥がれた状態です。事故や病気が原因で起こることもありますが、先天性の網膜形成不全もあります。

症状

網膜に起こる犬の病気は他の目の病気に比べて少なく、また軽い場合は症状がはっきり現れないため、見過ごされてしまう事も多いようです。他の目の病気の検査中に偶然見つかる事もあるくらいです。

網膜剥離をおこすと、その程度にもよりますが、視力障害を起こしたり、剥離した側の目がまったく見えなくなったりします。それでも、犬は、もともとあまり視力が良くないためか、日常生活は普通にできてしまうことが多く、飼い主の気づくのが遅れることがよくあります。

原因

網膜剥離は、網膜が眼底から剥がれる病気です。先天的な奇形が原因のこともあり、コリーなどによくみられます。網膜と脈絡膜の間に炎症などが起こり、炎症で生じた産物がそこにたまって網膜剥離がおこることもあります。

また、眼球を満たしている硝子体が炎症によって変形したり萎縮したりして網膜を前に引っぱり、それによって剥がれたり、事故などの衝撃によって剥がれる事もあります。

網膜が脈絡膜からはがれると、血管にとむ脈絡膜から網膜への栄養の供給や代謝がうまくいかなくなります。その結果、ついには網膜の神経細胞が死滅してしまい、目がよく見えなくなることもあります。

治療方法

網膜剥離の原因が何らかの病気にあるなら、その治療を行います。しかし、いったん剥がれてしまった網膜に対しては、犬では今のところ有効な治療法はありません。なるべく安静を保ち、頭部に衝撃を加えないように看護します。

タグ: 病気 ペット
当サイトは、犬の病気・ペットの病気・目の病気・耳の病気・犬のがん(癌)・イヌの鼻の病気・愛犬のサプリメント・愛犬の治療薬・予防薬などを紹介しています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。