スポンサードリンク

犬の耳血腫

外傷がもとで耳が腫れあがる。耳のケガなどが原因で、耳介に血液や漿液(しょうえき)がたまって腫れあがることがあります。

症状

犬の耳介に血液や漿液がたまって膨れ上がります。やや熱をもち、軽い痛みがあるらしく、触られるのを嫌がります。片耳だけに現れる事が多いのですが、両耳に同時に症状が現れる事もあります。

原因

耳の打撲や、他の動物に噛まれたキズなどが元になり、耳介に血液や漿液がたまることがあります。免疫の異常によって血管からもれた液がたまる例もあります。

治療方法

患部に注射針を刺して血液や漿液を吸い取るか、患部を切開して液を取ります。その後、患部を圧迫するように包帯を巻き、再び液がたまるのを防ぎます。

さらに、止血剤や細菌などの感染を防ぐための抗生物質、炎症を抑えるための副腎皮質ホルモン薬などを患部へ注入します。

タグ:ペット 病気
当サイトは、犬の病気・ペットの病気・目の病気・耳の病気・犬のがん(癌)・イヌの鼻の病気・愛犬のサプリメント・愛犬の治療薬・予防薬などを紹介しています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。