スポンサードリンク

フィラリア症 予防薬の必要性

ネットで「フェラリア 予防薬」と検索すると、上位に出てくるサイトの多くに「予防薬は不要である、動物病院の金儲けだ」といった記事が多く出てくる。

それも、書いてあることはめちゃくちゃなものばかりだ。本当に予防薬が不要なのかよく考えてほしい。

間違え

予防薬は1ヶ月も効いているのだから肝臓に負担が強い
フィラリア症の予防薬というのは、幼虫の駆除剤です。効き目は1日に過ぎません。フィラリアの幼虫というのは、蚊に刺されてから、血管に入り込むまで1.5ヶ月程度期間があります。ですので、1ヶ月に1度予防薬で駆除します。個体差はありますがそれほど副作用は強くありません。
治療薬があるから必要ない
フィラリア症の治療薬「イミトサイド」などあるから大丈夫なんて、たかをくくっているブログがいくつもありました。まず、犬が咳や食欲などをなくして、飼い主が気づくまでに、既に相当体に負担がかかっています。それから病院に行って、薬で駆除したとしても、フィラリアの死骸は血管にそのまま残ります。これが、血管をつまらせて死んでしまうことはよくあることです。下記に動画を貼っておきますが、フィラリアの長さや量は、想像以上にたくさん居ます。あんなものが体の中に残すことは非常に危険になります。ですので、薬で殺して、手術で取り除こうと思っても、もう既に弱っており体力のない犬や老犬は手術に耐えられない可能性が大。病気になったら薬を飲ませて駆除すれば平気なんてあまりにも無知としか言い用がありません。
動物病院の金儲けのためにやっている
商業なんですから、そりゃそうだ(笑)ですが、商売というのはWIN=WINの関係でなければなりません。あなたが、悪徳だと思うならしょうがありませんね。

フィラリア症の手術動画

犬が不調を訴え飼い主が発見した時にはこんな状態の事はよくあります。

これをご覧になっても、病気になってから駆除すれば良いと思うしょうか?

未だフィラリア症にかかる犬は多くいるんです。私は、予防をすることが犬にとって一番いいと思っています。

信頼されているフィラリア症の予防薬

米国から個人輸入している医薬品です。動物病院と同じものですので効き目は変わらないし、価格も安い。但し表記などは全て英語になります。

フィラリア予防薬激安通販
カルドメックチュアブル(英語名ハートガードプラス)が格安

当サイトは、犬の病気・ペットの病気・目の病気・耳の病気・犬のがん(癌)・イヌの鼻の病気・愛犬のサプリメント・愛犬の治療薬・予防薬などを紹介しています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。